家づくりのこと イベントのこと 建築まめ知識 マイクロバブル・ミラブル 地域情報 スタッフ日記

リフォームとリノベーション

建築まめ知識
家づくりイラスト

こんにちは

里村です。

 

今日はのテーマはよく似た意味で同義語のようになっている

リフォーム』と『リノベーション』の違いを書いてみたいと思います。

 

 

この二つの言葉は住宅関連の仕事をしているプロでも意識して使い分けてはいないのかな?と、個人的に思いますが言葉の定義としては少しニュアンスが違います。

 

 

まず昔からよく使われる『リフォーム』について

reform という英語の意味は直訳すると「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」といった意味になります。

 

簡単に書くと「元に戻す」作業の事を『リフォーム』と呼びます。

例えば、外壁の塗装を塗り替えたり、内装のクロスを張り替えたり、キッチンや浴室の設備を入れ替えたりする事がリフォームだと思います。

 

 

上記の作業は間取りの変更や構造等の工事をしていない事がポイントで大がかかりな工事をしないで住宅や建築物を綺麗にする事が『リフォーム』だと私は認識しています。

 

 

 

それから、『リノベーション』ですが割と最近?10年ぐらい前から良く聞く言葉です。

最近の言葉なので高齢者には説明しないと理解されないので結局『リフォーム』と言う言葉を使う方が多いですが。(笑)

 

 

Renovationは直訳すると住宅の改修と言う正にドンピシャな言葉になります。

Reformは広義の意味で作り直すや心を入れ替えるなどの意味で家を改修すると言った意味はありません。

ですので、英語圏の人にリフォームの話をしてもすぐにはわからないんじゃないか?って思いますね。

 

本来は最初から住宅改修にはリノベーションと言う言葉を使っておけば良かったのにとも思いますが(笑)

 

 

さて、日本で最近使われるようになったリノベーションの意味ですが、これは大規模な住宅改修の事を指している事が多いです。

間取り変更や大きく外観を全く違う建物のように変える事、また、耐震補強工事や断熱改修なども含まれると思います。

 

簡単に要約すると

 

リフォーム   割と簡単な小規模な住宅改修工事

 

リノベーション 大規模な工事で見た目や性能が大きく変わる住宅改修工事

 

かな?と思います。

 

 

まー、工事内容と工事をする意味が両者で通じればどちらの言葉でも良いとは思いますが(笑)

 

枚方・寝屋川・交野の注文住宅・建て替え・リフォームは、ありさ住宅 へ

 

ありさ住宅株式会社

TEL【0120-361-020】
住所【大阪府枚方市西禁野2丁目9-16】
【京阪枚方市駅より徒歩8分】

【駐車スペースあり】   

営業時間【9:00~18:00】
定休日   【毎週水曜日】

 

LINE@はじめました!

イベント情報をお届けしています

友だち追加

 

詳しくはこちら

おすすめ記事

スタッフブログ一覧へ