家づくりのこと イベントのこと 建築まめ知識 マイクロバブル・ミラブル 地域情報 スタッフ日記

エルスターSとAPW330の比較 その2

建築まめ知識
家づくりイラスト

こんにちはー。
里村です。

 

今日は、エルスターSとAPW330の続きになります。


先日はAPW330の優れた点を書きましたが今回はエルスターSの優れた点を書いてみようと思います。

早速ですが、

エルスターSの優れた点

・若干、熱貫流率が低い
・フレームが多重ホロー構造でAPWより敷居部分のホロー(密閉空気層)がひとつ多い
・ガラスフレームをガラス面側ではなく室内側に厚みを持たせる事でガラスの表面積を増やしている
(フレームの見付けが小さい)
その結果、躯体がかりが36mmと大きくなり偏芯も少なく長期的に安心感がある
・連窓にした場合の連結部分がスリムでスッキリしている
(外部からの見た目が良い)
・ガラス面が大きい事から冬季の日射熱取得に有利
・カムラッチハンドルの動作がしっかりしていて重厚感がある
・ドレーキップ窓(ツーアクション窓)の値段が安く、また隠し丁番でスッキリしている
・関西ではあまり売る気がない?のか他の工務店や新築住宅で見る事がない
(珍しい)

以上のような感じです。

 

先日も書きましたが個人の主観です(笑)
エルスターSの優れた点は比較対象のAPWの劣っている点になると思います。

 

実際に私の家では【YKK APW330】と【リクシル エルスターS】を使い分けて設置してあります。
両方使ってみないと良い所や気になる点がわからないからと思ったからです。

 

振り分けは冬季の熱取得を少しでも増やそうと南面はエルスターSのLow-E断熱クリア
東西面はAPW330Low-E遮熱ブルー北面はAPW330Low-E断熱ブルーを選択しています。

 

上記のような遮熱と熱取得(断熱タイプ)の使い分けは夏季と冬季の室内環境を考える上で基本的な設計になります。

 

この辺りは季節による太陽高度の違いもありますし、同じ太陽高度の春分の日と秋分の日でも気温は全然違ってきます。
夏季には太陽熱を入れない工夫も必要です。詳しい事はまた別の機会に書きたいと思います。

 

そして、弊社の新築ではAPW330もエルスターSも標準で選択できるようになっています。

 

どちらを採用するかは設計段階による間取りの希望やライフスタイルによって変わってくるのでどちらになるかは分かりません。


寝屋川市は全域で、枚方市でも低層住居専用地域以外は準防火地域になっている為、その場合はAPW330になるとは思いますが。

 

もっと詳しい話が聞きたい人はぜひ事務所まで遊びに来てくださいね。

 

枚方・寝屋川・交野の注文住宅・建て替えは、ありさ住宅 へ

 

ありさ住宅株式会社

TEL【0120-361-020】
住所【大阪府枚方市西禁野2丁目9-16】
【京阪枚方市駅より徒歩8分】

【駐車スペースあり】   

営業時間【9:00~18:00】
定休日   【毎週水曜日】

 

LINE@はじめました!

イベント情報をお届けしています

友だち追加

 

詳しくはこちら

おすすめ記事

スタッフブログ一覧へ