家づくりのこと イベントのこと 建築まめ知識 マイクロバブル・ミラブル 地域情報 スタッフ日記

伏見稲荷のお札は『もみの木』でつくられています。

建築まめ知識
スタッフブログ写真

こんにちはー

里村です。

まだまだ伏見稲荷ネタで引っ張りますよ。

 

初詣の参拝数が西日本で一番の伏見稲荷大社ですが、その境内で売られているお札や絵馬などは『もみの木』で作られている事を知っていますか?

そうなんです。弊社で内装材として使っている『もみの木』と同じです。

スタッフブログ写真

日本人は白木が好きな民族ですが神聖な神社仏閣で使われるのは

特に白色が際立つ『もみの木』なんですね。

 

杉や桧の板目材ではたとえ節の無い物を使っても、ここまでの清潔感は出ません。

 

絵馬やお札、お寺やお墓で見かける卒塔婆などは『もみの木』の柾目材で作られています。

スタッフブログ写真

裏返すと一緒の『もみの木』だと言うことがわかります。

 

実は『もみの木』にも色々と種類があって産地によって木肌は変わります。欧州ドイツ産と北米産を比べると違う木?と間違えるぐらい感じが変わりますよ。

そして、おそらく、伏見稲荷大社で使われる『もみの木』は弊社で採用している『もみの木』と同じ産地だろうなーと思います。

 

枚方・寝屋川・交野の注文住宅・建て替えは、ありさ住宅 へ

 

ありさ住宅株式会社

TEL【0120-361-020】
住所【大阪府枚方市西禁野2丁目9-16】
【京阪枚方市駅より徒歩8分】

【駐車スペースあり】   

営業時間【9:00~18:00】
定休日   【毎週水曜日】

 

LINE@はじめました!

イベント情報をお届けしています

友だち追加

 

詳しくはこちら

おすすめ記事

スタッフブログ一覧へ