家づくりのこと イベントのこと 建築まめ知識 マイクロバブル・ミラブル 地域情報 スタッフ日記

気密測定を行いました

家づくりのこと

こんにちは。松本です。

先日、建物の気密測定を行いました。

 

最近では高気密高断熱という言葉が一般的になったように、断熱性能が良くても、気密性能が低いと断熱性能が落ちてしまったり、結露や雨漏りの原因にもつながってしまうのです。

 

そこで、部屋の隙間がどれくらいあるのか検査し、気密性を測るのが気密測定です。

写真のように、測定用の送風機を窓の前に置き、屋内にある空気を排出させることで、住宅の内外で圧力差を作ります。

そして、その時の圧力差と通気量を記録していくことで、C値(住宅の隙間の面積を延床面積で割った値)が示され、この値が低いほど気密性が高い住宅であるということがわかります。

気密性が高い住宅では、外気は侵入しにくく、また室内の空気も漏れにくいため、冷暖房の効率がよく、光熱費を安く済ませることができます。

 

ありさ住宅では、C値が0.5を基準にして丁寧に工事を行っているため、よりお客様が安心して快適に過ごせる家ができますよ。

 

お客様のご要望に応じて検査を行っています。

枚方・寝屋川・交野の注文住宅・建て替えは、ありさ住宅 へ

 

ありさ住宅株式会社

TEL【0120-361-020】
住所【大阪府枚方市西禁野2丁目9-16】
【京阪枚方市駅より徒歩8分】

【駐車スペースあり】   

営業時間【9:00~18:00】
定休日   【毎週水曜日】

 

おすすめ記事

スタッフブログ一覧へ