家づくりのこと イベントのこと 建築まめ知識 マイクロバブル・ミラブル 地域情報 スタッフ日記

枚方でDIYリノベーションの続き

家づくりのこと
枚方でDIYリノベーション

こんにちは。

里村です。

 

 

先日のDIYリノベーションの続きを書こうと思います。が、その前に少しだけ家の紹介をしておこうと思います。

 

 

実は、この家は昭和39年に建築された安普請の長屋住宅で去年、DIY用の趣味として購入しました。

ですので、私の現在の住まいは現場の近所ですが別にあります。

それから、工事は週に1日休日だけやっていますので工事の進捗は非常に遅いです。(笑)

枚方でDIYリノベーション

購入時、パっと見は築年数以上に綺麗な感じで簡単に内装だけリノベーションするつもりでしたが、いざ工事を始めてみると構造材が雨漏れや白蟻の被害でほぼ駄目になっている状態でした。

 

また順を追って紹介していきますが自立しているのが不思議なぐらいで、いつ倒壊してもおかしくないぐらいで危険な状態でしたよ。

 

工事中、本当に倒壊する恐れがあったので個人賠償責任保険にも加入しましたし(汗)

 

概要はこのくらいで昨日の工事の成果?を書いてみます。

 

 

昨日は上階の床を『もみの木』を張って仕上げてきました。

枚方でDIYリノベーション

まず、基準になる通りを出すのですが吹抜けを造った為、その吹抜けの枠に合わせて床を張る必要があります。

こんな感じで枠に擦り合わせて基準を出します。

 

 

ですが、古い住宅リノベーション特有の困った問題が出てきます。

それは、壁の通りが非常に悪いと言った問題です。

 

普通、大工さんが床を張る時は壁の端から端までの距離で床材で割りつけ、壁の通りに沿って張っていきます。新築なら壁の通りは全く問題なく考える必要もいりません。

 

築30年ぐらいの中古住宅でも数mmぐらいのずれはあってパッキンをかます必要がいるかもしれませんが、安普請の長屋の壁通りは非常に最悪なほど悪いです。

 

プラン上、下階の壁の通りに合わせないといけない事が余計に悪い結果になりました(泣)

 

そのまま、通りを考慮せず床を張ってしまうと階段を登ってきた時、最後の一枚の床が長方形ではなく、台形に見えてしまい、大変みっともない事になります。

 

色々と方法を考えた結果、フローリングを途中で矩に折り階段までを縦方向に張る事にしました。

それが、こんな感じです。

枚方でDIYリノベーション

部屋の真ん中から張りだすのは不思議な感じがします。

苦肉の策でしたがデザイン的にも良い感じ?になったと思います。

ただ、手間が大分かかりましたけど。

実を一部落としたり、しゃくって雇い実を入れたり。。。

(大工用語)

 

またUPします。

関連リンク1

関連リンク2

 

 

枚方・寝屋川・交野の注文住宅・建て替えは、ありさ住宅 へ

 

ありさ住宅株式会社

TEL【0120-361-020】
住所【大阪府枚方市西禁野2丁目9-16】
【京阪枚方市駅より徒歩8分】

【駐車スペースあり】   

営業時間【9:00~18:00】
定休日   【毎週水曜日】

 

LINE@はじめました!

イベント情報をお届けしています

友だち追加

 

詳しくはこちら

おすすめ記事

スタッフブログ一覧へ